| TOP |  通販方法 |  カレンダー | 会社案内 | これぞチーズ専門店 | チーズフォンデュ | ピザとチーズ料理 | チーズの産地とリスト | 商品を探す | サイトマップ | もくじ |
| チーズとオリーブとオリーブオイルのクイズ | おいしい食品の話 | ナチュラルチーズの図鑑 | 仕入れの旅 | 日本と世界の旅 | ユーロの旅と知恵 | 豪州の旅と知恵 |
イタリア・フランス食材 | トリュフ&ポルチーニ | オリーブオイル1 | オリーブオイル2 | イタリアワイン | リキュール | チョコレート | ドライフルーツ | 札幌のジェラート | チーズフォンデュ鍋 |
| モン・ドールとヴァシュラン・モンドール | 日本酒に合うチーズ | 社長のチーズベスト10 | バニラビーンズ | ピスタチオ | 国産・イタリア産はちみつ | ナイフとスライサー |
軽い白カビ |  重い白カビ |  軽いブルー |  重いブルー |  軽いウォッシュ |  重いウォッシュ | フレッシュ・クリーム | ランジス市場のチーズ |
ヤギ乳 |  ひつじ乳 | フランスのハード  | スイスのハード  | イタリアのハード  | オランダのハード  | スペインのハード  | 吉武果樹園の梨 | 霊芝 | ピオーネ |

フランスチーズ(ハード)


全ての価格には、消費税(8%)が含まれています。
チーズの品質保持期限などはこちらをご一読ください。

欲しいチーズの「注文」を押すと、買い物カートに入ります。後からキャンセルもできます。
現在のお買い物の内容は、↓ ボタンで。

     No.の意味は、次の通りです。   H;牛乳      全て冷蔵の空輸品です。                   
100g当たり;大きいチーズからお切りするカットチーズです。
それ以外は、決まった大きさのチーズです。

このページでは、フランスチーズの中でハードタイプを選びました。
各チーズの生産地を確かめたい方は、「フランスチーズの生産地域」をクリックして、ご覧下さい。

写真 No.名称 価格 買うチャンス お薦め度
原産国    乳脂肪分  内容量 在庫数 注文ボタン
コメント
フローラニス(チーズ−札幌) HA83 フローラニス 820円 初輸入(JUL 2015) ☆☆☆☆☆
フランス    47% 100g当   
モンドール・ミシュランを作っているファブリスさんが作るアニス入りのハードチーズが、このフローラニスです。フェンネルシードの様な甘い香りがするアニス。この地方で有名なアニスイリにリキュールに合わせるチーズとして誕生しました。うまみが乗っていて、とてもおいしいチーズです。
HA67 ボーフォール・アルパージュ AOC 972円 月に一回程度 ☆☆☆☆☆
フランス    45% 100g当   
製造者番号 F73.142.01 外輪が内側にくびれている独特の外観。外皮はウオッシュされており風味が強く、中身はやや黄身を帯びていて美しい。余韻も長く続きます。今回のサヴォア地方への旅(AUG 2010)で、実際に作っている様子を見ることが出来て、勉強になりました。やっぱりサヴォア地方は深い山が続いていて、自然が本当に豊かです。こういう地方で作られるチーズは牛乳自体が素晴らしいんだと思います。
H5 ボーフォール・エテ AOC 972円 月に一回程度 ☆☆☆☆☆
フランス    45% 100g当   
製造者番号 F73.142.01 外輪が内側にくびれている独特の外観。外皮はウオッシュされており風味が強く、中身は白く美しい。余韻も長く続きます。スライサーでうすく切って頂きます。ナッツをこんがり焼いたような香りがまたいい。TVを見ながら食べるなんて出来ません。あまりの美味しさにチーズを見つめてしまうからです。
HA63 アボンダンス・AOC・農家製 907円 初輸入(JUL 2016) ☆☆☆☆☆
フランス    45% 100g当   
製造者番号 F74.160.060 この2月にランジス市場に行った時に見つけたアボンダンス。ローヌ・アルプ地方のオートサヴォア産です。一ホール、10kgでは美味しいうちに売れるかどうか心配でしたが、その心配は今日の店頭営業で消えました。美味しい!木の実の様な甘みを感じ、ミルクの香りが穏やかです。ジャリジャリ感がなくしっとりとした柔らかさ。そうです、やや若めのチーズなんです。アボンダンスやボーフォールは、熟成が進むととても臭いが強く、好き嫌いがはっきり分かれますが、このチーズはちょうどいいタイミングでした。
S53 アルディ・ガスナ 907円 初輸入(NOV 2007) ☆☆☆☆☆
フランス    45% 100g当   
製造者番号 F64.229.100 8月(2007)に行ったバスク地方を訪ねる旅で見つけたチーズです。家族で羊を育てチーズを作り、地元のいくつかのマルシェで売ることまでやっています。ちょうど私達が、サンジャン・ピエ・ド・ポのマルシェに行った時、このチーズラベルを見つけたので声を掛けたら、ルーシーさん本人でした。さて、このチーズ。羊のハード特有のしなやかさと甘みがあり、さらにうまみの結晶があってじゃりじゃりとして美味しいです。この文章を書きながら100gカットの半分はすぐ食べちゃいました。たくさん食べたくなるチーズが美味しいチーズなのです。バスクっておいしい羊のチーズがあっていい所ですよ。
WA58 ルブロション AOC Fermier Missilier 734円 初輸入(5月2010) ☆6個
フランス    45% 100g当   
製造者番号 F74.136.313 サヴォア地域を代表するルブロション。その中でランジス市場のイヴさんが勧めるこの生産者、レジーヌさんのルブロッションは、格別な味でした。はるか遠く日本までやってくると、品質が落ちて、中々日本の皆さんに真の姿が伝わっていない様で残念です。でも、こうしてチーズマーケットでは日時を決めての通販だから、輸入と同時に注文が出来て、いい状態のままで味わえるのです。熟成してくるとカスタードクリームの様な柔らかさになり、とても美味しいチーズなのです。我慢できないくらい臭いチーズというのは誤解なのです。そんなのはルブロッションとは呼べません。
S47 オッソイラティーAOC・アルティザン 907円 初輸入(JUNE 2007) ☆☆☆☆☆
フランス    45% 100g当   
製造者番号 F64.006.100アルティザンとは、職人という意味です。農家製のチーズと違い、原料のミルクは作っていませんが、モンドールを作っているミシュランチーズ工房のファブリスさんと同じく、自分で選んだ数軒の農家からミルクを仕入れて、チーズを作っています。やや黄色かがったチーズは、うまみの小さな結晶もあってさわやかな酸味と共にまとまりのある味に仕上がっています。作り手の情熱を感じるチーズです。8月が楽しみです。
HA52 トム・フレーシュ 1080円 初輸入(12月2005) ☆☆☆
フランス    48% 200g当   
製造者番号 F15.141.01 フランスの有名なチーズ料理、アリゴを作るのに最適なのがこのチーズでカンタル県産です。トム・フレーシュとは一般名詞でいろいろなチーズの熟成が進んでいない若めのチーズの全般を指しています。このチーズとじゃがいもとバターでチーズが良く伸びておいしいアリゴが出来ます。
コンテjpg HA44 コンテ AOC レゼルヴ 734円 いつもOK(当店の看板商品) ☆☆☆☆☆☆
フランス    45% 100g当   
製造者番号 F39.362.01 今回(MAY 04)のジュラへの訪問から、コンテといっても様々な農家のミルクで、様々なメーカーが、或いは様々な熟成専門の会社があり、味もいろいろだと再認識。数ある中でランジス市場で勧められたのがこれです。うーん、あの時の感動がよみがえってきたなぁ。コンテは、うまみと甘みを感じるバランスの良さが持ち味なチーズだと思います。日本で100gから買える事は本当にラッキーだと思います。
HA42 ラクレット・ド・サヴォア 1080円 初輸入(SEP 2012) ☆☆☆☆☆
フランス    48% 200g当   
製造者番号 F74.128.050 ついにサヴォアのラクレットを輸入しました。しかも生乳製です。ラクレットってそのまま冷たいままで食べてもおいしくないんですが、これは違いました。サンドウイッチにも使えそうです。ジャガイモにのせて焼きました。塩分も少なく、バランスのいいお味でした。こんなチーズを日本で食べられる方は幸せです。ご自宅でたくさん食べてもらいたいので、特価でご提供します。
HA65 ラクレット・フェルミエ 691円 初輸入 ☆☆☆☆☆
フランス    47% 100g当   
「ラクレットなんて、熱で溶かさないおいしく食べられない。」と少なくとも私は思っていました。でも、果たしてチーズの本場、フランスやスイスの人達が、そんなラクレットで満足するはずがありません。そうなんです!きっとフランス人も納得のラクレットがあるはずなのです。今回ランジス市場で見つかりました。このラクレットはそのまま食べても甘みを感じてとても美味しいです。農家製は、15年この仕事をしていて初めてです。これを食べればラクレット好きの人はもちろん、思い入れがない人もラクレットの素晴らしさに気が付くと思います。
HA35 タミエ 756円 年に数回 ☆☆☆☆
フランス・サヴォア地方 100g当   
製造者番号 F73.202.01 タミエは、ルブロッションの元とも云われる一回り大きなチーズ。 田舎の家の草壁ような香りがして、落ち着きます。指でちぎれるぐらい柔らかく、しなやか。酸味もあり女性にも人気がありそう。パンにのせて焼いて溶かしたり、チーズフォンデューに入れても合いそうです。
WA23 サン・ネクテール
AOC 農家製
712円 年に数回 ☆☆☆☆☆
フランス    45% 100g当たり   
製造者番号 F63.417.01 WA13は工場製ですが、こちらはミルクの質が高い農家製の少量生産のものです。より柔らかくてコクがあり、草の香りなどがして余韻があります。表皮の様子が素朴さを物語っています。パリでも専門店や朝市などで生産者が直接売るような数少ないチーズです。
H1 トム・オー・マール・ド・レザン 799円 年に1回 ☆☆☆☆☆
フランス    45% 100g当   
製造者番号 F69.175.01 久しぶりに入荷しました(10月22日2008)。ワインを仕込む秋から冬に作られるチーズ。赤ワイン作りで使ったぶどうの実、皮、果汁でチーズを漬けています。ぷーんとあたり一面に甘いぶどうのいい香りが漂います。外皮は、食べません。このチーズを食べると秋が来たんだなぁとしみじみします。
H2 レビエ・スモーク 626円 ほぼOK ☆☆
フランス    62% 100g当   
製造者番号 F01.257.01 世界中で一番愛されているスモークチーズ。チーズケーキのように柔らかく、さわやかな香り。さすがはヒッコリーのチップで仕上げたことだけあります。このチーズには、保存料としてソルビン酸(0.28g/100g のチーズ中)が含まれています。
H4 オールド・ミモレット 24ヶ月 1123円 ほぼOK ☆☆☆☆
フランス    48% 100g当   
製造者番号 F59.512.30 セラーで長い沈黙を続けた後に生まれる芳醇な味と香り。フランスにもからすみがあったという感じです。このメーカーは大手と違い、単一の牧場の乳だけで作られています。重要なのは、乳の質と管理状態です。外皮に住むダニ君たちは、今日も元気に活動しています。熟成期間が長いとみなおいしい訳ではないのです。

写真のチーズの大きさと内容量は、必ずしも一致しません。
内容量をお確かめの上ご注文下さい。

フランスチーズ(ハード)